グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

世界中のナウくてマブいおもしろ音楽物産展です🍣

シャニマス楽曲の『アルストロメリア』をほめまくりたいの陣(コード譜とリズムアナライズもあるよ)

 

 ヤーーーーっっバいじゃないスかアルストロメリアアルストロメリア、というわけで「BメロのリズムチェンジはCRCK/LCKS"Goodbye Girl"のそれとほとんど同じ構造である」ということを書きにきました!!

 当楽曲はアイドルマスターシリーズの最新作『シャイニーカラーズ』で活躍するゲーム内ユニット『アルストロメリア』の最初の持ち歌その名も『アルストロメリア』なのですが、Bメロにまさに当ブログオリエンテッドな仕掛けが用いられており、つまりそれは(変拍子ではなく)クロスリズム/ポリリズムであるということなのですがそれはともかく!!

 

 「え〜〜いやでもゲームのアイドルソングでしょ〜〜?」と侮るなかれ、リズムチェンジのみならず全体を貫くバイブスは『ピチカートファイブミーツモーニング娘。』的、つまり渋谷系とファンクのイイトコ取りで非常にポップかつ土着的です。ディスコに手をかけたときのSMAP楽曲のそれと遜色ない強度を持つアイドルポップなので、ゲームをプレイする(タダだよ!!)なり、だいぶセリフかぶってますが以下動画で確認するなりでぜひ一度聴いていただきたい、、、

というわけでBメロのアナライズとコード譜を掲載いたしましたので、楽曲をより楽しむためのてびきとしてぜひ活用していただけますとチョベリグです!!

 

 いかがでしょうか? 0:46~、みなさんの耳にはどのように聞こえましたでしょうか?

普段からヒップホップやジャズといった音楽を聴いている方には「ん、、、フツーに4拍子、、、?」かもしれません、それではドンドンパフパフ確信にせまっていきましょう。

 

 というわけで、今回はこのBメロ0:46~のリズムチェンジについてキッチリ理解するために変拍子とクロスリズムを基礎からさらって…いく、つもりだったのですが、筆が折れて、というより文字通り手首が折れているのでカンタンにやっていきます。

「型が完成しきっているJ-POPの(ベタさの)どこを破格するか?」という問題に、本作は特にリズムの面でトライしているというお話です。いきまス!!

 

 (譜面をシャーペンで書いたらコントラストイジんないと見えづらかったうえに劇画調な風合いになってしまったので、今回は目にやさしい色合いの譜面でお送りいたします…次回からまたペンに戻します…)

 

1, リズムを編み変える力(幸福の多様な在り方へ)

 この楽曲は『4拍子で、その1拍1拍は4分割されている』というリズム構造からスタートします。

f:id:hamamotodanko:20180705152109p:plain

(マルのついている拍を使って↑の歌メロをつくっている)

f:id:hamamotodanko:20180711135610p:plain

 この『4拍子、4分割=16拍』という構造は、クラシック、ロック、アニソンドルソンヒップホップ演歌EDMなどなどジャンル関係なく、世界中のひっっっっじょうに多くの音楽に偏在している拍子/リズムです。

世界中に偏在しているということはすなわち「ポップであり、耳なじみがして聴きやすい」と同義であり、必ずしも『チャートインしている=広く大衆に浸透している』という図式が成り立たなくなっている日本のヒットチャートですが、

最新オリコンシングルチャートTop 10 (2018年07月02日 / Week 27) - NAVER まとめ

それでも今週(7/2/2018)のオリコンチャートTop10に入っている楽曲はすべてこの『4拍子、4分割=16拍』というリズムで作られている楽曲でした。

 『オーバーグラウンダーによるアイドルソング』という、大衆に届けなければその意味を為さない楽曲が、そんなポップな構造を採用するのは至極あたりまえのことです。

ことなのですが、、、それにしたって遊びがないじゃあないッスかみんな同じじゃ!!

幸福のかたちが人それぞれであるように、この楽曲もリズムの多様性に満ち満ちています。そこがとても魅力的、かつマヂ泣きポイントなのでス…😭😭😭

 

 イントロからAメロの終わりまで『4拍子4分割』というキャッチーなリズムで聴き手の耳をガッチリつかんだのち、Bメロに入った瞬間(0:46~)、楽曲は一瞬であらたなリズムへと変貌します。

ずっと同じ顔で笑っていたり怒っていたりする人は「あぁ、この人はよく笑う/怒っている人なんだな」という認識で止まってしまいがちですが、『さっきまで笑っていたのに、今はとても悲しそう』だったり『さっきまで怒っていたのに今は笑っている』という人がいたら、我々はさまざまな形で心を動かされがちです。

表情の変化は強い興味を生みます。それは音楽でも同じであることを、この曲やあなたの好きな別の楽曲で身をもって体験しています。

 

2, わくわく! アルストロメリアBメロのつくりかた講座

 1, イントロ~Aメロ終わりまでのリズム構造。4拍子の1拍1拍それぞれは4分割されており、この16拍に沿ってフレーズが作られる

f:id:hamamotodanko:20180711135644p:plain

 2, Bメロに入った瞬間これを今度は3分割に割り変え、今度はこの12拍に沿ってフレーズを作ってゆく。1小節に入る拍の数の減少により、減速感が生じる(実際には減速しておらず、あくまで『感』)

f:id:hamamotodanko:20180711135701p:plain

(参考動画です。この『拍の分割数を変える』という手法はジャズやヒップホップなど、日本の大衆音楽とはすこし距離のある音楽では基礎スキルとなっています。

1拍を分割する数を3から4に変えただけでテンポが速くなったように聞こえたり、4から3に変えただけでテンポが遅くなったように聞こえると思いますが、テンポは一切変わっていません。同じテンポの4拍子がずっと続いています)

 


 この『アルストロメリア』のBメロでは、1拍の分割数を『4分割=16拍』から『3分割=12拍』に減らすことで、今まさに上の参考動画で感じたような減速感を作りだしているのです。 

f:id:hamamotodanko:20180705153020p:plain

f:id:hamamotodanko:20180711135820p:plain

(こちらも同じく、マルのついている拍を使って↑の歌メロをつくっている。スペースの都合で「みーがー」までデス)

 

 というわけで、今見てきたように『1拍の分割数を変えることで、小節のおおきさを変えずにリズムチェンジする』という、非常に大胆かつJ-POPではあまり見ることのできないマイノリティーな技法が使われています。

 1つの規律の内ですべてを完結させてしまおうとはせず、他の存在も認識し受け入れる(4分割=16拍というマジョリティーも、3分割=12拍というマイノリティーも、ひとつの楽曲の中で並存させる)という、まさに万人を照らすアイドルの持ち歌として歌われるには10000000000000000000000000000000000000000000000000000点(恒河沙)の強度を持っている楽曲であるといえるでしょう。マヂ泣き…😭😭😭

 

(Bメロに入ってからのバンド全体のリズムは2拍3連、つまり6拍子=2拍子(4拍子の1/2)のフィールに近く、

f:id:hamamotodanko:20180711135803p:plain

(つまり、こう↑というよりもこう↓に近いということです。

どちらも『12拍』のリズムですが、その12拍を『何拍でひとグループにまとめるか』でノリが変わります)

f:id:hamamotodanko:20180711210722p:plain

「クロスリズムを利用して3拍子、ワルツになっている」とは少し言いづらいのですが、いずれにせよ拍の分割数が減少し『12拍』のリズムに変化することで減速感を生んでいます)

 

 そして『クロスリズム』とは、今の図のように、

f:id:hamamotodanko:20180711135803p:plain

『1小節の中に入っている拍の数の公倍数/公約数によって2つのリズムが並存している状態』のことです。

この譜面は4拍子と3拍子のクロスになっています。『アルストロメリア』もこちらの楽曲も、同じ『12拍』の構造です↓

おおよそのフレーズ、ベースラインなどはこのように4拍子でも3拍子でもあります。どちらでも取りやすいよう、音の配置にこまやかな心遣いがなされています。

f:id:hamamotodanko:20180711135955p:plain

 『アルストロメリア』もバンドが強調しているのは6=2拍子のほうだけなので、3拍子側のリズムはすこしだけ取りづらいかもしれませんが、この曲と同じ12拍を基礎構造にしているため3拍子でもノることができます。

 

 ハノイのベースラインと同じく、『アルストロメリア』Bメロも4拍子でも3拍子でも書記できる…というわけで、

f:id:hamamotodanko:20180711135803p:plain

f:id:hamamotodanko:20180705153020p:plain

さっきは上の『4拍子』の視点からBメロ冒頭を採譜していましたが、下の『3拍子』側視点で書くととこうなります↓

f:id:hamamotodanko:20180705162627p:plain

クロスリズムの特徴には、このように『(同じ内容を)2通りの拍子で書記できる』というものがあります。

 

 (また、なぜ『6拍子=2拍子』なのかという疑問をお持ちの方もいるかもしれませんが、こういうことなのです↓

f:id:hamamotodanko:20180711140133p:plain
なので、6/8拍子も2拍子です)

 

 そうして6拍子をつくり優雅にお姫様ワルツ気分を堪能したところで、「優しくそーっと」の部分(0:55~)、4拍子視点で3拍目と4拍目にシンバルが「シャーンシャーン!!(イクラちゃん)」と鳴らされるので、「はーい3拍子おわり!! 4拍子に戻るよ〜〜〜!!」という予告がなされます。

 そして続く「手を取ってくれますか?」のフレーズ、実際はここから再び4分割のリズムで作られているのですが、

f:id:hamamotodanko:20180705163341p:plain

この「手『を取って』く『れますか』」の部分が、直前まで鳴らされていた3分割のリズムでしか作れないフレーズの近似値(似てるけどビミョーに違う)になっていて、この橋渡しのおかげで違和感なく4分割の世界に移行していきます。ここがすごい!! 『このクロスがすごい2018』!!

f:id:hamamotodanko:20180705163412p:plain

(これ↑に似ています、下図は『れます』の音符の長さを可視化したもので、下に整列しているのが近似値の2拍3連。1拍目の発音のタイミングは同じ、そして2拍目の位置が両者とても近いため、実際のフレーズは2拍3連ではないのにそう錯覚してしまうのです。

f:id:hamamotodanko:20180705163717p:plain

直前まで3分割の世界だったので、3分割のリズムのフレーズに似ているフレーズを持ってくることで『3分割→4分割』への移行をとてもスムースにしています)

 

 そして「チュッチュッチュッ」というアイドルソングのお手本のような可愛らしさを全面に押し出したフレーズでサビに入っていきますが、1拍が4分割されているのか3分割されているのかがわからない、4分音符だけのフレーズを配置することで、ここで完全に『3分割→4分割』への移行を完成させています。

f:id:hamamotodanko:20180705164619p:plain

↓43小節目の「チュッチュッチュッ」、

f:id:hamamotodanko:20180711140227p:plain

 

3, そしてCRCK/LCKS"Goodbye Girl"のリズムアナライズ

 また、ここに来てやっと「冒頭の伏線回収!!!」といった趣きですが、このリズムチェンジとまったく同構造をもつ楽曲がバンド"CRCK/LCKS"の代表曲Goodbye Girlです。

 最初は『4拍子4分割』で始まりますが、

f:id:hamamotodanko:20180707165216p:plain

ブレイクを挟んで0:43~に突如分割数が3に変化し、アルストロメリアのようなサプライズ効果をもたらしています。

f:id:hamamotodanko:20180711140311p:plainまた、この曲も短いスパンで3分割⇄4分割を往復し、「今やってるのはクロスリズムだよ〜〜変拍子じゃないよ〜〜」という啓蒙/ネタバラシ的な感覚のあるプレイであるように聞こえます。

(譜面の頭に「4/4拍子」書き忘れてます、色鉛筆書きも相まって立ち上る『ようちえん感』)

 

(「クロスリズムってポリリズムじゃないの?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、ここはおそらく「人による…」というスンゲ〜〜微妙な部分です。ペン大/菊地メソッドではクロスリズムもPerfumeポリリズムも『ポリリズム』とはみなしません。クロスリズムからさらに割り変えた先にポリリズムがある…という考えのようです。詳しくは『モダンポリリズム』を受講!!

ビュロー菊地チャンネル(菊地成孔) - ニコニコチャンネル:音楽)

 

4, 「えっまってアレ変拍子じゃないの?」

 そしてこれがひとつ問題、というかリズムチェンジ的な意味合いにおいて『アルストロメリア』と対を為す楽曲だと思うのですが、シンデレラガールズの『ラブレター』はお聴きのように、

4拍子から変拍子を用いて3拍子につくりかえています(こちらも3拍子ではなく倍の6=2拍子フィールに近いですが)。

f:id:hamamotodanko:20180711224235p:plain

(そして1:03からまた4拍子に戻るので、今度は図中のヤジルシを逆行します)

アルストロメリア』のリズムチェンジでは1小節のおおきさは変わりませんでしたが、『ラブレター』は変拍子なので小節が収縮しています。

 このように小節のおおきさが変化するものが変拍子、しないものがクロスリズム/ポリリズムです、というわけでこちらはクロスではありません要注意!!

(クロス/ポリリズムも、応用編に進むと小節のおおきさが変化するものもあります。その例はこちらなど↓でドゾ)

嵐の新曲『未完』のリズムの先進性(『今ジャズ&ポリリズム』ってなんだろ?) - グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

 

5, その他、ほめ倒したかったけどできなかった部分などなど

 …を箇条書きで列挙します。褒め倒したかったYO…

 

・冒頭に書いた『ピチカートファイブミーツモーニング娘。』、P5要素はAメロのピアノのバッキング(しかもコードがD△7、メロディが『ミ=9th』になっているのでジャズっぽい)、モー娘要素はイントロとサビのコード進行(いわゆる『J-POP王道進行』)から聞いている、と思う…

SMAPは…この曲をSMAPの歌声に変換しながら聴いてください…(強引)

Aメロは慎吾ちゃん→草彅くん、Bメロ吾郎ちゃん→中居くんからの「チュッチュッ」はキムタクで…

 

・動画だとセリフまるかぶりなのでわかりませんが、ゲームだとキックの音量がメチャデカい超ハッピ〜〜〜仕様になっています。「えっ全部タダでいいのか!?」ってくらいタダなので興味があればぜひ遊んでみてください!!↓

アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス) | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

 

・Aメロ0:24~などの"A - Bm7 - Cm7 - C#m7 →"がオシャレ。bIIIにディミニッシュ使ってないのでさっぱりしています

 

・0:30~の"bVI → bVII → I"はクールジャパンオリエンテッド的な、ドルソンアニソンゲーソンでおなじみの進行。短調(暗い)からやってきたコードから強引に長調(明るい)のコードに接続するためブチ上がるというか情緒不安定というか、推しとか嫁を目の当たりにして感情がバグっているさまを音で描写するとこうなるのだと思う(てきとう)

The Beatles - Penny Lane - YouTube

サーポールも0:27~など、この曲でバグりまくっています

 

・Aメロふた回りめの「凛々しくいよう 強くなろう」って言葉の重ね方が好きです、そしてメロディから『戦場のボーイズライフ』感じるんだけどなんで…?

小沢健二/戦場のボーイズ・ライフ - YouTube

Black Box - Everybody Everybody (Official Video) - YouTube

 

・ Bメロのピアノのコンピング(伴奏)、パッと聞きかなりジャズぽいですがテンション(ジャズっぽくコードの輪郭をボカす音)盛ってるのはたぶん頭の"D△9"のみで、他は音の積み方でそれっぽく聞かせています。リズムチェンジが同時に行われているので情報量整理のためにそうしたのかもしれません、このおかげでボーカルも歌詞もスッキリ聞こえます!!

 

・そうそうそう、ここもリズムと同じくらいガッツリやりたかったんですけどブルーノート!! サビうしろの「さい『れん』らーぶ」とかに顕著ですが、以前書いたように、

今週はK-POPえーんだアイマス!!! - グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

『日本人がポップスやるときにブルーノートのピッチどれだけ揺らすか問題』っていうのがあって(ない)、ジャズとかR&Bガラミじゃない人の最高値は諸aikoさん楽曲とか、同じくアイマスのこの曲(1:27~)だと思うのですが

【アイドルマスター2】ALIVE(日高愛) - YouTube

アルストロメリア』では清潔(きっちりミ♭)なブルーノートが使われています。ブルースが生得的ではない日本の大衆音楽においてはともするとケレン味と感じられてしまう可能性があるキケンな(だからこそ魅力のある)音程なので、ここではリスクは回避しながらもスパイスとしてほんのひと摘みだけ混ぜられています。

 

・III7からサビに行くとこにJ-POPの臭み付けというか、他パートのドミナント"IIm7/V"との差別化が図られていてとても印象的。

そしてサビとイントロアウトロはコード進行同じでミニマルな作りに。じすぃずあむぇりか(ガンビーノ)な構成ですネ

 

・そして同時期にドロップされたミリオンの新曲とこの曲、引用元(と雰囲気)は近いのですがつくりが微妙に違っていて、『アルストロメリア』はメジャー側に重力を置いてるのでカラッとハッピーな響きですが、

【アイドルマスター ミリオンライブ!】「花ざかりWeekend✿」「RED ZONE」試聴動画 - YouTube 

閃光☆HANABI団 咲くは浮世の君花火 視聴動画 THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 10 アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ - YouTube

この曲調でマイナーに重力を置きすぎるとメチャクチャ湿っぽいというか泥臭くなるというかJ-POP臭くなるというか、関ジャニの『ズッコケ男道』ぽくなるというか…(いずれの曲もそこ目がけてて見事全部大成功してますが)

特に『花ざかり』の方ははじめて聴いたとき「ウワッこれすげえMステで歌ってそう!!」になったので、やはり男道よろしくソコ狙ってるんだと思います。制球力よ…

 

 というわけで大変おまたせいたしましたコード譜です!!

今回もV7がsusなのかsusじゃないのかが不明瞭ですが、いずれにせよレラティブメジャーなので…(パーカーと濱瀬先生を都合よく使うな💢💢💢)

それ以外のところはほぼ合ってると思います、バークリーメソッドをひととおりさらっていればスルスルイケるシステマティックかつポップな進行なので、まずはご自身でコピーしてみるというのも一興かも?

というわけで次のページは今回アルストロメリアといっしょに取り上げているCRCK/LCKSの3rdEP"Double Drift"の感想・レビュー大会となっておりますゼヒ見てねそれでは!!(いまバリバリ書いてます!!)

 

・Key=A/F#m, BPM=140, 4/4

[Intro1] 8ms, 

D△7 - Bm7/E → C#m7 - F#m7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 - Bm7/E → C#m7 - F#m7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 - Bm7/E → C#m7 - F#m7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 - E7 → A →

[Intro2] 8ms,

D△7 - Bm7/E → C#m7 - F#m7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 - Bm7/E → C#m7 - F#m7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 - Bm7/E → C#m7 - F#m7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 - E7 → A →

[A] 16ms,

D△7 → C#m7 → Bm7 → A - Bm7 - Cm7 - C#m7 →

D△7 → C#m7 - F#m7 → Bm7 - C#m7 →  F△7 - G →

D△7 → C#m7 → Bm7 → A - Bm7 - Cm7 - C#m7 →

D△7 → C#m7 - F#m7 → Bm7 - F△7 → A →

[B] 10ms, 

D△9 - E7 → C#m7 - F#m7 →

D△9 - E7 → A△7 - F#m7 →

D△9 - E7 → C#7 - C#7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 → AonC# →

Bm7/E → Bm7/E - E7 - C#sus4 - C#7 →

[C] 8ms, 

D△7 - Bm7/E → C#m7 - F#m7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 - Bm7/E → C#m7 - F#m7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 - Bm7/E → C#m7 - F#m7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 - E7 → A →

[Out1] 4ms, 

D△7 - Bm7/E → C#m7 - F#m7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 - E7 → A →

[Out2] 4ms, 

D△7 - Bm7/E → C#m7 - F#m7 - F#m7 - F#m7/E →

D△7 - E7 → A

 

 

※当ブログの全カテゴリ一覧です、アイマスは…どれも鬼ヤバい(本来の意味で)です

サイトごあんない(ブログ内のカテゴリ一覧) - グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

こちらで更新のおしらせ等しております。次ページもお目通しいただけるとパリピ上がりますそれでは!!

浜本談子 (@odoroktamegoro) | Twitter