グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

世界中のナウくてマブいおもしろ音楽物産展です🍣

<番外編> 松木美定さんにお会いしてきました&Song-XX見てきましたなどの巻

 

 こんにちは〜〜〜〜。前回の記事がなぜかトクマルシューゴさんにリツイートされ、そのうえ田中ヤコブさんにも絶賛いただき「???????」の今日このごろ、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

きのう帰り道で「なんか声聞こえんな~~」と思ってたんすけど、よく見たら公園のすべりだいの頂点で男子が選手宣誓の練習してて「ウオオ郷愁~~~!!!!」になりました。テメエらの血は何色だーーーー!!!!🔥🔥🔥🔥

 今回は曲紹介はおやすみして、いろいろオススメしたりしなかったりする回です。毎度毎度読んでいただき感謝感謝です。

 

・1, Song-XX、行くべし

 です。暑すぎてそれしか言えん

(「Song-XX、何?」という方はこちらを読んでください。よりいっそう「何…?」になる可能性もありますが)

<速報>菊地成孔さん新バンド"song-XX"結成!!!!!!!!!!! - グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

 現状Song-XXについて書いているオフィシャルもの以外の記事が☝️しかないのがちょいツラっすね……今回が実質2回目の活動なので、当然っちゃ当然なのかもですが…😭

 

 というわけで、自称リーダーの限界ポタクとしてみなさんがライブに足を運びたくなるような煽りを書きたいのですが…もちろん最高ですよライブは!!

 えーとですねえ、菊地さんのリード文、やれ「ハーモロディクスとM-BASE」だの「ラッパーのフロウがバンドの演奏に還元され〜」だの、ぶっちゃけ「いやそれどんな音楽???」ってなるじゃないですか。

聴けば全部わかります!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 聴いたらだいたい「あぁなるほど、ここがオーネットのプライムタイムね」とか、「おおおQNくんM-BASEでラップしとる…!!」とかになれます。

もっと言うと(先日ツイキャスで教えていただいたのですが)、なんとスティーブコールマンのカバーの上でJuaくんとQNくんがラップします。こ〜〜〜れは本当にすごい………

 M-BASEというのは、こんな感じでおのおの違うリズムでまわり続けるリズム構造のこと。だいぶカオシックだけど、ラッパーのおふたりは軽々とコレを乗りこなしてゆきます。こ〜〜〜れをぜひ体感してほしい……

(当日聴いてて「すげえスティーブコールマンっぽい曲あるな〜〜〜」と思ってたんですが、ほんとにスティーブコールマンだったようです。教えていただきありがとうございました…🙏)

 

 そしてもっと言うと本当に、め〜〜〜〜ちゃくちゃ踊れます。

「いや言うておまえ裸のランチとかでも踊るやん?」というツッコミが入りそうですが、いえいえそんなのまったく関係なく(小島よしお)、実を言うと会場の半数くらいのお客さんが頭をゆらしたり、手でリズムをとったりしておりました。

Tipographica - Tipographica [FULL ALBUM] - YouTube

 「M-BASE!!!」とか言ってますが、ぜんぜんフツーに4/4拍子の曲もあります!!! つか半分ぐらいは普通の4拍子です!!

なので「なんかよくわかんないしムズカシそ〜〜踊りたいよ〜〜〜〜😭😭😭」という方にもSong-XX、マジでおすすめします。

ガンッガン踊れますし、むしろ「クラブ対応なのでは????」というくらいハードコアでダンサブルなので、クラヴァーの皆さまにもガッシガシ布教していきたいカンジでした。

メロウな曲ありCatch-22ありラップありで、とにもかくにも全方位の音楽ファンに聴いていただきたい。

 

 ほかには何を…そう!! 5曲目あたりに、秋元さんのダチーチーチーが4回ぐらい聴ける曲があります!!!

鬼才・秋元修太郎の「ダチーチーチー」が聴けるという、それだけでも充分見る価値あるのではないでしょうかSong-XX!!!!

 もちろん小田さんのキーボードとボーカル(菊地さんとアイコンタクトで歌うフック、「やっぱさすがっスね…」という感じでした)、鳥越さんのベース、高井さんと菊地さんのサックス、MCとDJのコスりも最高です。

 

 見られる機会があるならばバッシバシ見に行かれることをオススメします。個人的には『2019年の菊地成孔が送る"Second Report From Iron Mountain"』、が近いかな…?

"Microphone Tyson"とか最終スパンクス"ヌードモデル"っぽい曲もあり、菊地さんのプロジェクトがどれかひとつでもお好きな方はコチラもきっとお気に召すかと思います。

 次回はなんと直近8/12のモーションブルーヨコハマなので、ご都合合う方はぜひ〜〜〜!!

菊地成孔|ARTISTS|MOTION BLUE YOKOHAMA

実現するかはわかりませんがスタンディングでのライブも計画中らしいので、バリバリバキバキ踊れるそちらの機会もお見逃しなく!!!

 

・2, 松木美定さんとお会いしてきました

 お会いしてきましたよ…………

お話ししてみると(以前からツイキャスでしゃべり方などは存じておりましたが)、「なるほどやはりこの人がシゴトップスと実意の行進の作者だな…」という方でした。でも内に秘めるものはめちゃめちゃアツかったです…🔥🔥🔥

 

 もう先にツイートしてしまった分でほとんど全部なので、改めて書けることも少ないのですが、

 『シゴトップス』と『実意の行進』作曲時のお話もすこし伺えたので、ここに箇条書きで書き残しておこうと思います。松木さん、いつも許可ありがとうございます……🙇

 

・基本は『ピアノを弾きながら鼻歌でメロディを探っ』たり、

『特定の曲のモチーフを、リズムだけそのままにして、音程だけを上下させ』てみたり、

『あの曲のハーモニーの内声の動きを、自作曲のAメロ何小節目に移植し』たり、

という「スタンダードな方法で曲を作っている(ご本人談)」とのこと。

 

(特にこの『モチーフ』の話を聞いて、記事👇を読んだときに

シゴトップスの楽譜と参考にした曲たち - 松木美定 blog

「ん、、、どこがシゴトップスなんだ、、、?」とピンとこなかった理由がわかりました。そのままは使ってないんですね。

「参考にした」というか、あれらの曲はあくまで『素材の素材』的な使い方にとどまっているようです。そりゃピンと来ようがないわけだ、、、)

 

・実意の行進のサビは、ピアノを弾いてたら一発で出てきたそう。「おおお」となって急いで録音したとか。""強""エピソード………

・あと両曲とも、過去作っていた断片を継ぎ合わせて完成させている箇所が少なくないそうです。自分にはない感覚なので「すげ〜〜〜〜〜」と思いながら聞いてました。

 

 作曲に関してはこんな感じだったかな……。ここからジャズの話にさしかかかり始めた瞬間にタイムアップになってしまいました。かなしい!! 精神と時〜〜〜〜………

最近の話とウルトラソング4 - 松木美定 blog

ギル、ビル(ギルビル)、マイルスあたりは俺もドンズバなのでぜひ話したかったな……

 

 クロッシングの日のお話(伝説のコラボツイキャスの裏幕など)や、その日に会えたみなさんの天才エピソード、EPについてのお話も少し伺え、本当に有意義な1時間半(体感25分)でした。

  なかでも、「僕ホントTVで流れるJ-POPと特定の年代のジャズしか聴かなすぎて、ブログで紹介してるLampとかでさえメチャクチャがんばってるほうなんですよ!!」というお話にすげえ笑いました。「Lampでさえがんばっているほう」……

(いちおう自分も「いやいや、あのブログは紹介される曲そのものを知りたいというよりかは、松木さんのツボポイントとか、その曲をどう聴いているのかを皆さん知りたがってるんだと思いますよ!!」と進言いたしました、みなさんそうですよね!?!?)

 

 あ、そうだ、あと「コレいつか書こうかな?」と思っていたことズバリを松木さんから聞かれたので書きます、

世をゆるがす『浜本、30代女性問題』の根元に直接関わることなんですけど(笑)、実はこのブログ、ロールモデルにしてるブログがあったんですよ!!!

 それは、20代中ごろの女性とおぼしき方がKポについてだいぶ好き放題書きまくっているブログで、めちゃくちゃ面白かったのでK-POP聴き始めたころめちゃくちゃ参考にしてたんですけど、

2016年ジャストで更新が止まってることに気付いて「うわもう続きないんだ…」とめちゃくちゃにショックを受け、「続き読みてえ!!! ないなら自分で書くっきゃねえ!!!」という勢いでこのブログをはじめた(という側面もある)ので、

当事者的にも「なるほどなんかソレっぽいバイブスが滲み出ててもあまり不思議じゃないな……」というカンジなんすね……

 

 なので、あのキャスの日以降あらためてブログ読み返してみてたんですが、

たしかに『20代男性が書いてる』と思って読むと「フ〜ン…」って感じっすけど、『30代女性が書いてる』と思って読むと途端にけっこう面白くなりますねコレ………😇

 そうなると名前もミスリードっすよね、『浜本談子』ってむかし海の家でバイトしてて、当時聴きまくってたビーチボーイズからとって『浜辺男子』、

じゃああまりにストレートすぎるんで、ガチ弟子入りしたかった談志(一門)から談の字もらって5秒くらいで『浜本談子』にしたんですけど、

「文中で『俺俺』ゆーとるし…『小野妹子』とかおるし…」と思ってて、ガチ女性だと思われてたとはまったく露知らず、しかもこんな長く使うことになるなんて微塵も思ってなかったので最近うすら後悔し始めていたのですが、

松木さんが(だいぶ笑いながら)「いい名前だね…」とおっしゃってくださったので当分このままでいよう…と思いました。

いやなんの話だったんだ…

 

 EPに関しても先日のツイート通り、松木さんいろいろな方たちの出会いを通してめちゃくちゃ気合い入っていたので、

(ご本人にプレッシャーをかけるようなことは口が裂けても言えないのですが)こう、我々は期待…期待のようななにか…をぼんやり!! ぼんやりと持ちながら気長に待ちましょう!!! 年内だそうです!!

 松木さん、「いい感想だけ聞きたい」とのことなので(シゴトップスの歌詞そのまま)、ぜひ皆さまも『シゴトップス』や『実意の行進』の好きなポイント、どしどし松木さんに叩きつけてください!!(度は越さないでください!!)

 

 というわけで松木さん、先日は本当にありがとうございました……『ネット上で知り合った方とリアルで会う』という初めての経験のお相手が松木さんで、心からよかったなと思っております……😭😭😭

 むかし友達に「ツイッターで知り合った某バンドファンの集いにいってくるね〜〜〜」と言われたとき、反射で「大丈夫なんかそれ!!! 誘拐されて1ヶ月半監禁とかされないんか!!!」と返してしまうほどのhaveカチカチ脳みそでしたが、今後はタイミングさえ合えばバンバンお会いしていこうという決意を固めた1日でした。

「いやオメ~~会いたいわけあるかい!!」という方でも、中心部の安くてうまいジンギとかおしゅしとかスープカレー屋とかぜんぜん教えるんで、よかったら連絡してください〜〜〜🐄🐄🐄🐄🐄

 

 それにしても、ま〜〜さか俺もこの1ヶ月半後にご本人と会ってるとは夢にも思いませんでした………

2019年3月に聴いたヤバすぎる日本人ミュージシャン、ジオシティーズ問題の終幕、プチおしらせなど - グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

っていうか俺まだ松木さんたちと知り合って1ヶ月半なことにもビックリなんですけど!?!? ヤベえもう半年くらいは経ってるつもりでいましたわ……

今後ともよろしくお願いします……!!

 

・3, 『音楽理論』よ…

  あらためて、ネット上には、このブログを含めさまざまな音楽理論を教えるコンテンツがあり、当然よいものも悪いものもありますが、

それらは極力『専門の書籍など、有料のコンテンツとあわせて利用してほしいなあ…』と思います。まあ……そんな感じで………はい………察……

 

 とくに『コード進行』の修学に役立つ有料コンテンツですが、書籍ならコレ👇をおすすめします。

コード理論大全|商品一覧|リットーミュージック

 コチラであればかんたんなJ-POPから、ジャズやスティーリーダン、キリンジといった、ポップスとしてはほぼ最高難度のものまでをカバーできるので、ネットで予習した知識をいかしながらの学習に最適だと思います。

 

 あるいはお時間がある方であれば、『調子がよすぎるイケおじジャズミュージシャン』でおなじみ菊地成孔氏のゼロからの音楽文法シリーズもとてもおすすめです。

コチラの動画を見ていただければわかりますが、「てかまずドってなに?」という初歩の初歩から、懇切丁寧に教えてくれます。

 初心者むけでありながら、あとあと勉強することになる高等科な理論も同時に噛み砕いて予習させてくれるので、とても生きた音楽理論を身に付けることができます。

月額850円ほど払ってしまえば、シリーズ全部(いまのところ~78回。J-POP全般は余裕でアナライズできるところまで進んで〼)見放題なので、

イッキにバババッと見きってしまって退会するのも🙆‍♂️だと思います。『モダンポリリズム』というリズム講義や、それこそドナルドフェイゲンなども分析する上級者向けシリーズも見放題なので、ぜひお時間があれば…

ビュロー菊地チャンネル(菊地成孔) - ニコニコチャンネル:音楽

 

 音楽理論は、基本的に『つくる曲が好きな人から教わる』のがよいと思います。

そうすれば、理論的な細かい誤りはあるにせよ、少なくともその方の音楽観には肉薄でき、何かしらの形で勉強の成果を生かせると思うので。

自分は菊地さんのつくる曲が好きなので菊地さんから教わっています。あと、これはどこにも書いたことないんですけど、実は『キーボード妖怪』ことぶき光さんにも教わってみたいんですよね…

 

・4, 『音楽の哲学にはどのようなトピックがあるのか』

 もう読んでいただけましたでしょうか?

 神戸大(あの田中秀和氏の出身大学)で、ポップカルチャー等の分析/批評をバリバリのナンバユウキさんの文章です。

『音楽はどのような観点から論ずることが可能か?』という読み物ですね。紹介されている音源を聴くだけでもたのしいのでぜひぜひ。

 拙作もなぜかバッハとベートーヴェンの間に挟まれる形で紹介されており、

私もやはり後期バロック〜古典派を代表する作家として、これからなお一層精進しなければいけないな…と思いました。

ビックリしますよね、ふつうに楽しく読んでてたらいきなり自分の曲出てくんのは……「オェッッッッヘェ〜〜〜〜〜〜!?!?!?!?」みたいな声が出ました。

 その筋の方がリツイートしてくださったのか、クラシック関係の方に読まれている印象です。

 

浦上・ケビン・ファミリー『芸術と治療』注意と分散 - Lichtung Criticism

 こちらもおすすめです。ナンバさんには音がどう聴こえているのかメチャ気になる。

"M/D"のソーラーとデコイ分析みたいに、ふたりで全く同じ曲を同時に分析してみるのもちょっと楽しそうだなあ…とずっと思ってます。

お忙しい方だし、やるにしたって理論側の刺客には俺以外に適任がいると思いますが!!

美学したいですな〜〜〜、、、

 

・5, 東京行脚の釣果いちぶ

 そう、それでなんとですね、今回4度目の東京旅行にして、はじめて新宿チャレンジに成功しました…!!!

(いままで3回行って、行ったことあるの駅前のブックオフだけですからね……しかも1回は駅から出られすらしなかった……!!! 感無量……😭)

会いたくて会いたくて震えていた新宿の某チェーン店(ぼかす意味)に、はじめて行ってきました。なんかいっぱいあった!!!!!

 聴いてよかったものの一部です、よければ参考にしてください。

 

・1, Hiroshi Minami 3 - "Three Times One"

 ジャズピアニスト南博さんによる、1999年eweからの作品。

裏ジャケにあった、1曲目のローリンヒル"The Sweetest Thing"カバーに「マジかグラスパーのCoveredより10年以上早いじゃん!!!」とブチ上がり購入。

 今しがた聴きましたが"The Sweetest Thing"、軽いイントロダクション程度の長さしかないのがちょっぴし残念…。アドリブもガッツリ聴きたかった…

が、音は完全に『15年先行した"Covered"』なので、ご興味のある方はぜひ。選曲とともに南さんの快活かつクールな語り口が光る1枚です、ラストのクラプトンカバー"Change The World"、"Tears In Heaven"は圧巻。

 

・2, Zawinul Syndicate - "Black Water"

 1stアルバム"The Immigrants"の翌年89年にリリースされた2nd。

「ライブ録音とスタジオ録音が混じった構成」という触れ込みらしいが、ライブは1曲目だけじゃないか? ともかくアゲ〜〜〜な曲が多く楽しい1枚。

 ウェザー時代から一貫して、ザヴィヌル爺の書く曲はどれもポップ&ノリノリ。なのでジャズ聴いたことない方にもけっこうオススメです。変則的すぎる入り口ではありますが!!

 ザヴィヌルシンジケートの作品はマジで入手困難盤が多いため、「あれば買う」のスタンスが必須(Amazonとか見れば中古で売ってますけどね…使ったことないデス)。

いかにもレイト80~90'sな音色で演奏される"Monk's Mood"がめちゃめちゃかわいい。なんかシムシティみたいなのでぜひ聴いてほしい!!(笑)

 

・3, Taiguara - "Imyra, Tayra, Ipy, Taiguara"

TAIGUARA / IMYRA, TAYRA, IPY | EL SUR RECORDS

 帯の『エルメートパスコアール、トニーニョオルタ』を視認した瞬間に購入。タイトルはある部族のマントラからの引用らしい。

ファンの方には「今さらそこなのか…」と言われそうですが、ともかく名盤だそう。詳細と曲は上のリンク先に詳しい。

 

 なるほど!!! 聴きました、求めていたもの(自分の中の『ブラジリアンポップス』)とはボール0.25個ぶんズレてましたが、すさまじいサウンドスケープ

この曲の歌詞、いいです。エルメートによるアレンジも冴える。クラシカルな書式の曲と、ビッグバンドっぽい書式の曲があっておもしろいです。

歌モノポップスというよりかは、どっちかってェとサイケ色を求めて聴くものですね。畑や山や海の色が見えてすごく好きです。ちょっとMON/KUさん的な響きもするかな…?

 

Taiguara ―Fotografias | こぬか雨はコーヒーカップの中へ

 「タイグアラ、知らんな…」と思っていたが、染谷さんもブログで紹介されていた。そう言われてみると読んでるかも…

これらのアルバムはぽちふぁいにはなかったのですが、65年(Imyraの10年前)の作品がありました。こちらは真っ当にブラジリアンポップ。

イパネマの娘』など…。ヴァギネル・チゾさんの曲も聞いてみよ…

 

・4, Kid Fresino - "Shadin"

 アナログゲットしました。去年こんなん出てたんすね…A面はキズだらけだけど、大好きなこの曲が入っているD面にはいっさいノイズがなかったので買いました。またかける機会があればいいな〜〜〜

てか新品あるなら新品で欲しかったかもだわ!!!

Shadin 2LP/KID FRESINO (FLA$HBACKS)/キッド・フレシノ|HIPHOP/R&B|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net

 

 ・5, 細野晴臣 - "HOCHONO HOUSE"

 北海道では出回りすらしていなかったのか…? 長らく買い逃していたアナログ、東京ではめちゃめちゃ売ってました。再発版だけどな……!!!

 

 薔薇と野獣、あああああってか前回のジャズドミューンみました!?!? 菊地大谷がHOCHONO HOUSEかけながら薔薇と野獣と『恋は桃色』一緒に歌ってたんすよォォォォッォォォ!!!!! 悶死しました!!!!!!!!!!

 HOSONO HOUSE、中2ぐらいのときにめためた愛聴してたんですけど(年バレてるとこういう話できるのでいいですね)、なぜか最近まで薔薇と野獣の印象だけがめためた薄かったの、謎です。

 

 以上です、そういえばこのとき渋谷で見つけたローボルジェスのファースト、新宿に移動してましたねたぶん……。あいかわらず4万5千円だったので黙って差し戻しました。

今後の更新予定&今週これ聴いた&曲投稿しました!!! - グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

 

※追記、「な〜〜〜んか忘れてない??」と思ったらコレ!!

Urakami's Instrumental Songs Vol.1 | 浦上・想起

いまなら480円なのでぜひ!!!

 

 というわけでスンマセン今月は以上です、

投稿まで3日しかないわ左手もベット脇で転びかけて痛めるわ左耳は痛えわ口内炎できるわで踏んだり蹴ったりでしたが、京都アニメーションさまのおかげで無事更新できました……(圧倒的感謝……✨😭🙏)

 来月はさすがに休みます!! 前回のも読んでいただいてありがとうございますですが、申し訳ありません来月も読んでいただいてありがとうございますしていただけると嬉しいです。

2019年4月5月に聴いた、ネクストブレイク確実な日本人のマジヤバポップスの巻 - グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

 

 構想できたので新曲もぼちぼち作り始めますが、とりあえず片手は使えるようになるまで待ってください…(笑)

これから暑くなりますが、なおいっそうお体にはお気をつけて!! またあの曲の季節がやってきます!! そりでぃは!!!

 

<セルフ関連記事>

SPANK HAPPY"夏の天才"歌詞・コード進行ききとり&"GREAT HOLIDAY"へのおさそい - グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

 去年書いたやつ!!!! 

先日(というかEP製作中)、『ヒコウキ』とかと合わせてやっとフルでコードとったんですけど、これエグいぐらいまちがえてます!!!(笑) ヒデェ〜〜〜〜〜〜

 

浜本談子 (@odoroktamegoro) | Twitter

サイトごあんない(ブログ内のカテゴリ一覧) - グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

処女作『解れた雨が結ぶ』と『魔法のこと』を公開しましたの巻 - グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

 

<今月のツイッター

 これはまじでツイートしようと思ってたやつなんすけど、

 この4コマ、タイトルが!!!!! タイトルが!!!!!!

処女作『解れた雨が結ぶ』と『魔法のこと』を公開しましたの巻 - グランマガザンえぞ屋さんはてな支店

拙作と9割9分9厘9毛おなじなんスよ!!!!!!!!!

 「バンダイナムコ様、まさか俺の曲を…?」と錯覚してしまいそうになるほどの偶然。こんなに大切なエピソードとタイトルが被れるとは……

うれしいな〜〜〜〜〜〜ミリシタぜんぜんできてないけど……!!!

 

 10thを見たスガイディノスもあしたで閉店(ゲームと映画は移転して続けるそうですが)。ありがとうございました、一生忘れません。